ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2UL

耐熱・離型にすぐれた ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム
NITOFLON®含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2UL(スタンダードタイプ)

  • フィルム・他
  • ふっ素樹脂
  • 耐熱・滑り・絶縁
  • ヒートシール
  • 直送品
  • ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2UL

    ※上記写真・イラストはイメージです。
    ※ご採用前に十分ご評価の上、ご判断ください。

    ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2ULは、4ふっ化エチレン樹脂(PTFE)と、高強度ガラスクロスを複合させた非粘着フィルムです。
    耐熱性・耐薬品性・電気特性・耐候性・耐水(撥水)性・非粘着性・機械的強度にすぐれています。

    サイズ選択

    厚さ

    厚さ

    長さ

    長さ

    現在選択されている商品スペック

    品番
    ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2UL
    サイズ
    未選択
    入り数
    未選択
    ロット
    未選択
    標準納期
    サイズ選択後に表示

    サイズを選択してください

    ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2ULの詳細

    特長
    ・平滑性の異なる3タイプがあります。
     NO.970-2UL:一般タイプ
     NO.970-4UL:平滑タイプ
     NO.9700UL:高平滑タイプ
    ・安定した分子構造をもつ4ふっ化エチレン樹脂のコンポジット品のため、
     ほとんどの工業薬品や溶剤に侵されません。
    ・-100℃~260℃の広い範囲で連続使用が可能。
     また、クロス基材の高温、超低温での良好な寸法安定性とあわせて、
     他の熱可塑性樹脂に比べてすぐれた熱的特性をもっています。
    ・誘電率・誘電正接ともに低く、かつ広範囲の周波数で安定しています。
    ・耐候性・耐湿性・耐汚染性にすぐれています。
    ・固体物質中、最も低い静摩擦係数をもち、特に荷重が大きくなるほど
     静摩擦係数が小さくなるというユニークな自己潤滑性を発揮します。
     また、非粘着性と離型性にすぐれ、粘着性の物質も付着せず、
     粘着性の物質と接触しても容易に離型できます。
    用途
    ・製袋ヒートシール用の耐熱離型
    ・食品加工用の搬送ベルト
    ・プリンタ用定着ベルトの耐熱摺動
    ・ACF(異方導電フィルム)の圧着離型
    ・太陽電池バックシートの圧着離型

    ふっ素樹脂含浸ガラスクロスフィルム NO.970-2ULの特性

    基材(支持体)[-] PTFE含浸ガラスクロス
    基材厚さ[mm]
    0.050.10.13
    全体厚さ[mm]
    0.070.120.17
    引張強度(縦)[N/15mm]
    200400420
    引張強度(横)[N/15mm]
    160370370
    動摩擦係数[-]
    0.080.080.10
    絶縁破壊電圧[kV]
    ---
    体積抵抗率[Ω・cm]
    ---


    代表的なサイズ


    厚み 長さ
    0.03 / 0.05 / 0.07
    0.1 / 0.13 /
     300 /  400 /  500
     600
    10
    0.18 / 0.25
     300 /  400 /  500
     550 /  600 /  100
    10

    お問い合わせ・見積相談はこちら

    お探しの 商品は見つかりましたか? 専門スタッフが、3,800点を超える製品から最適な1品をご提 案します。

    印刷や特 殊な素材、サイズなどオーダーメイドのご相談、お取り扱いロットに応じた卸価格のご相 談など、様々なご相談を承ります。

    お問い合わせの流れ

    お電話でのお問い合わせ
    0120-81-0239 受付時間 平日9:00~17:30